テカリを予防する洗顔方法|スキンケアで顔のテカリを解消

スキンケアで顔のテカリを解消

顔のテカリをなくすには正しいスキンケアをする事が肝心です。

それだけ?と思うかもしれませんが、

逆に今の自分のスキンケアは正しい方法と自信を持って言えるでしょうか?

男性は女性と違ってスキンケアには無頓着な人が多いのは事実。即ち正しい方法をしていないから、顔がテカっている可能性があります。

という訳でここでは正しいスキンケア、特に洗顔方法についてレクチャーしていきます。

 

正しい洗顔方法をレクチャー

清潔な手で顔を洗う

手に皮脂や汚れがついていると、洗顔料が泡立ちにくく、顔に雑菌が付着する恐れがあるため、洗顔を始める前には必ず手を洗いましょう。

手を清潔にしたら、顔をぬるま湯で濡らします。ぬるま湯によって毛穴が開き、毛穴の奥にある皮脂や汚れを落としやすくなるからです。

 

洗顔料を良く泡立てる

洗顔料を濡らした泡立てネットを使って、ゴシゴシと泡立てていきます。

30秒ほど泡立てネットで擦ると、弾力のある泡が出来上がります。逆さにしても落ちないぐらいのしっかりとした泡が理想です。

 

洗顔料は必ず泡立てネットで泡を作ろう

洗顔料は手で泡立てるのはとても難しいです。泡立てる時は泡立てネットを使うようにしましょう。

泡立てネットは、コンビニや100円ショップで気軽に購入することができます。

 

Tゾーンから泡をつけていく

はじめに、皮脂の多いTゾーン(額から鼻にかけてのライン)に泡をつけていきます。

皮脂が出やすい箇所から泡をつけていくことによって、皮脂の洗い残しや、量の少ない箇所の皮脂の取りすぎを防ぐ事が出来ます。

ゴシゴシと擦ってしまうと肌に負担が掛かるので、泡は顔に乗せるだけにしましょう。

泡の吸着力によって、乗せるだけで毛穴の中まで皮脂や汚れを取り除いてくれます。

 

Uゾーンに泡をつけていく

次に、Tゾーンよりも皮脂量の少ないUゾーン(頬から顎にかけてのライン)に泡をつけていきます。

Tゾーンの時と同様、擦らずに泡を乗せていきましょう。Uゾーンに泡を乗せたら、最後に皮膚の薄い目元や口周りに泡をつけましょう。

 

しっかりすすぐ

泡を顔全体につけ終わったら、1分以内にぬるま湯で優しくすすぎましょう。

泡を顔につけて長時間放置してしまうと、乾燥を招きます。

 

洗顔後のアフターケアでテカリを防ぐ

タオルで拭き取る時も気を付けて

すすぎ終わったら最後に、清潔なタオルで顔の水分を取り除きましょう。

洗顔直後は肌のバリア機能がリセットされています。タオルでゴシゴシと拭かずに、優しく顔に押し当てて摩擦を与えないように水分を取り除いてください。

 

洗顔後は保湿もお忘れなく

洗顔で汚れを落とした後は、化粧水、美容液などを使ってしっかりと保湿を行いましょう。

ここを疎かにしてしまうと、かえって皮脂の分泌が活発になり、毛穴がまた詰まる最悪な状況に陥ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です