ペン字講座で汚い字を直したい!と思ったけど・・・続くのかコレ?

趣味で「速習実用筆ペン講座」を受講したことがあります。

小さい頃から字が下手だったのですが、パソコンの普及で字を書く機会が減ったので、あまり気にしていませんでした。

ところが社会人になると、友人や同僚、上司、身内などの冠婚葬祭でのし袋や芳名帳への記載や年賀以上など、どうしても避けられない社交辞令がたくさんあります。

そんな中で、知り合いの字と自分の字を比べて恥ずかしくなってしまいました。

 

一度気になると過剰に気にしてしまい

みんなが私の字をバカにしているような気分になり、他人に自分の字を見られるのがとても嫌でした。

このままずっと、こんなコンプレックスをもって生きるのは嫌なので、1日20分程度の練習で数日後には効果が実感できるとの謳い文句に惹かれ、「速習実用筆ペン講座」を受講しました。

やってみると、確かに数日で、以前に比べると飛躍的に上達しました。

 

といっても

書道経験者のような整った美しい文字がかけるようになったわけではなく、以前よりも文字のバランスが良くなったので、少しだけきれいな字に見えるようになったといったレベルです。

しばらく続けましたが、これ以上の上達には、かなり時間がかかるようなので、結局、少しだけきれいに書けるようになった程度でやめてしまいました。

やっぱりこういう努力が必要な講座は大変。調剤事務の資格のような簡単なやつの方が続けられる気がしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です